FS・DR役立つ化掲示板


本コーナーは、FS(フィジビリティースタディー)DR(デザインレビュー)を本当に役立て、商品開発業務改革・設計業務改革に日々真剣に取り組んでいる皆さんの情報交換を目的とした掲示板です。
より有意義な情報交換及び活発な議論が展開されることを望みます。

*注)このページは有泉技術士事務所”設計改革・3次元CAD・CAE掲示板”の一部ログです。ご興味ある方は下の”掲示板へ”をクリックして下さい。
掲示板のメニューページが開きますので。 

掲示板へ


[18] 件名: 発言会員の皆さんぜひ積極発言を、無言の閲覧者の皆さん発言しませんか? 投稿者: 有泉 2006年9月22日 (金) 00:55:04

昨日午後から時間が取れたので、CoCreate Forum 2006に顔出ししてきました。
500人は楽に入れる会場で、なかなかの盛況でした。
ノンヒストリーのポリシーを貫き?、生き残ってきた現状は、評価に値すると思います。

しかし、道具の機能が云々は、私に言わせれば10年前の話です。
今は、
その道具が、それを導入した製造業に、如何にメリットをもたらすかがポイントであり、ここが各サプライヤーが勝ち抜けるか否かの分岐点だと考えます。


話は変りますが、会場で旧知の方と出くわして軽く一杯後帰宅したところ、いつもより本掲示板のアクセス数が増えております。
またまたアクセス数新記録です。
懇親会場で数人にこの掲示板の紹介をした成果でしょうが、それにしてはアクセス数が増えすぎです。

皆さんもお気づきでしょうが、この掲示板はアクセス数と発言数のギャップが大きすぎます。
掲示板を開いた当人が言うことではないのでしょうが、正直私もイライラしており、この極端なギャップには戸惑っております。

ただ閲覧されている皆さんの立場に自分を置いて冷静に考えてみると、その気持ちは分からないでもないと言う考え方も出来ます。
恐らく「情報は欲しいが、でも発言は・・・・」と言うところでしょう。
しかし、
発言者の中には、ヤマさんやせいせいさんの様に積極発言されていられる方もおります。

そこで、発言会員に登録されている皆さん、
その発言内容にこだわるのはほどほどにして、気楽な情報交換の場として、ぜひ積極発言をしてください。
また、サイレントマジョリティーの皆さん、閲覧会員としてその思いを発言しませんか?
効果的な情報収集のポイントは、なんと言っても”ギブ&テイク”ですよ。


[16] 件名: 昨日は本掲示版開設以来の最高アクセス件数を記録致しました 投稿者: 有泉 2006年9月8日 (金) 00:19:59

昨日は本掲示版開設以来の最高アクセス件数を記録致しました。
8月2日に記録した731件を超えて739件を記録しております。

しかし残念ながら書き込み件数は、寂しい限りのゼロ件です。
先週から発言が途絶えてしまっております。
何でも良いですから皆さん積極的にご発言ください。


[15] 件名: 話題が一気に高度になりすぎていると思います。どんな些細なことでも構いません皆さんご発言を。 投稿者: 有泉 2006年8月9日 (水) 00:41:54

私の誘導がまずかったと思います。
話題が一気に高度(難しい状況論)になりすぎてしまったと反省しております。
様々な改革に取り組んでいる皆さん、どんな些細なことでも構いません、皆さんが今突き当たっている問題に関してご発言ください。
きっと誰かが、的確なコメントをしてくれると思いますので。


[13] 件名: 経営層の失敗以外にも技術継承を途絶えさせた理由はあるともいます 投稿者: 有泉 2006年7月20日 (木) 00:32:19

ヤマさん久々のご発言ありがとう御座います。
貴社でも経営層の失敗以外にも、技術継承を途絶えさせた原因がいくつもありましたよね。
もし宜しければお暇な時に、皆さんにご紹介下さい。


[12] 件名: 上昇思考だけで他人を踏み台にして場当たり経営を行ってきた経営者達が技術継承を途絶えさせた。 投稿者: ヤマ 2006年7月19日 (水) 22:07:59

設計改革のコーナーでも別な切り口で述べましたが我が社では世渡りだけで勝ち抜いてきた経営者達が技術継承を途絶えさせたと思います。
私が設計者として成長盛りだった20〜30年前の部門長達は、戦略的に私たちを育てていたと思います。
あえて難しい仕事に失敗することを承知で我々を投入して、その失敗を克服してはい上がろうとしている我々に対して、さり気ないアドバイスを行ったり、時には飲み誘ったり、陰に陽に育て上げようとする気配りを行ってくれていたと思います。
しかもベテラン勢のほとんどが、自分のラインを超えて若手を育てる意識を持っていたと思います。
さらにベテラン勢どころか2〜5年程度の先輩達も、少なくとも自分と相性の良い後輩には目を掛け、何かと育てようという努力をしてくれていたと思います。
ところがバブル時代の急激な採用増は、設計者の水ぶくれ状態を起こして世代間の断絶がまずおきました。
さらにバブル崩壊後に行われたリストラは、水ぶくれした無能な若手を対象にせず、給料の高いベテラン勢を対象にしたためにますます世代間の断絶がおきました。
また、リストラされた多くベテラン設計者の中には、我が社に取って貴重な固有技術すなわち暗黙知をたくさん持った人たちも多くいました。

今私が部門長の立場になり、先生のお力を借りながら躍起になって技術の継承を復活させようとしているのですが、バブル期から現在までの経営層が場当たり的な経営さえ行っいなければと歯ぎしりの日々です。

ここでも愚痴を言ってしまいました。


[10] 件名: FLASHさんご発言ありがとう御座います 投稿者: 有泉 2006年7月12日 (水) 00:16:05

FLASHさんご発言ありがとう御座います。

近いうちに、考えをまとめての投稿楽しみにお待ちしております。


[9] 件名: 多くの製造業で何故技術継承が巧く行かなくなってしまったのか  投稿者: FLASH 2006年7月11日 (火) 23:13:15

初めましてFLASH です。

弊社でも技術継承の問題が頭の痛い問題です。
今日はご挨拶だけにしますが近いうちに考えをまとめて投稿致します。

有泉さん皆さんお手柔らかにお願いします。


[8] 件名: 多くの製造業で何故技術継承が巧く行かなくなってしまったのか 投稿者: 有泉 2006年7月8日 (土) 10:30:08

なかなか本コーナーでの発言がありませんので話題提供をさせていただきます。

私は、大手製造業の商品開発部署における設計改革へのお手伝いを、長年行ってきました。
その中で最近頓に感ずるのは、若手設計者の著しい技術力低下や、技術継承がが明らかに失敗していると思われる状況です。
2次元CADが普及したことが元凶だなどとおっしゃる方も少なからずおられます。

私自身の経験でも思い当たるふしがあります。
30年近く前、私が駆け出し機械設計者だった頃、長製図板の前で計画図を描いていると、先輩設計者達が製図板の後ろに寄ってきて、私の設計をけなしたり、蘊蓄を傾けたり、失敗談を教えてくれたりと、自然発生的にデザインレビューが行われておりました。

仕事柄、色々な製造業の設計部署にお邪魔するのですが、今ではこの様な姿を見かけためしがありません。
21インチの画面の中を、通りがかりに覗き込むのには、無理があるのでしょう?
この様な現象が、技術継承が巧く行われない一つの原因かと、勝手に納得しております。

そしてその他にも、技術継承が巧く行われない原因を、私なりに把握し、実際の設計改革へと結びつけて参りました。
そこで、本コーナーで最初の話題は、多くの製造業で何故技術継承が巧く行かなくなってしまったのか、そしてそれを解消するためには何をすればよいのかを語り合いませんか?

フィジビリティースタディーやデザインレビューに関する直接の話題ではありませんが、突き詰めるとこの部分に全ての取り組みが掛ってくるはずですので。


[7] 件名: 会員登録に躊躇されている皆様へ、絶対に皆様の個人情報は漏れることはありません! 投稿者: 有泉 2006年6月27日 (火) 23:55:42

何人かの方々に、発言会員に登録した場合に、自分の個人情報が漏れるのが怖い。
特に、「会社で掲示板の閲覧やへ発言を禁じられているから会社ではアクセスできない、・・・しかし、自宅でアクセスするために、自宅住所などを申告しなければならないのでは・・・」と言うお問い合わせを受けました。

もしも、私どもにご提供頂く個人情報が漏洩した時のことを考えると登録できない、とお考えになられている皆さんに宣言させて頂きます。

私ども技術士とは、法律「技術士法」で規定された国家資格です。そしてその法律の中では、”守秘義務”すなわち業務上知り得た顧客の機密を保持する義務が課せられており、これを破ったときには懲役刑も含めた罰則が規定されております。

そしてここで言う顧客の範囲ですが、私どもは、今回の発言会員も立派に私どもの顧客と考えております(たとえ対価を頂かなくても、公にしたくない個人情報に触れると言うことは、たとえそれが掲示板荒らしを防ぐ目的でも、私どもの顧客と別扱いする理由にならないと考えております)。


[6] 件名: 「管理人より皆様にお願いがあります」 投稿者: 有泉 2006年6月22日 (木) 00:02:33

発言者の皆様にお願いがあります。

それぞれ皆さんのお考えと相容れない持論を展開される方がいらっしゃると思います。
しかしその持論が、明らかに荒らしと思われる発言、我田引水的に営業に結びつけようとする発言、現場知らずなお宅的な偏狭な発言でない限りは、鷹揚にご対応願います。
折角の有意義な情報交換、前向きな議論の場を早々閉じたくありませんので。

発言ユーザー登録を既になされた皆様。
躊躇せずに、恐れずに発言してください。
きっとこの掲示板では、エキスパートの方は、優しいと思いますので、恐れずに不得意な分野にも切り込んでください。
それが皆さんの幅を拡げる事になると思いますので。


[5] 件名: RE: FSとは何ですか? 投稿者: 有泉 2006年6月20日 (火) 00:11:55

私が商品開発改革や設計改革の中で述べる FS(フィジビリティースタディー)とは、その開発初期段階で、開発すべき商品の実現性を徹底確認・検証する作業を指します。本当に売れるのか、本当に作れるのか、本当の儲けることが出来るのかを、開発に関わるあらゆる部署のメンバーが集い、粗々の構想設計を複数案詰めながらその検証精度をあげ、開発途上で仕様変更を迫られることがないように、その開発仕様や量産原価を徹底して詰める作業を指します。

詳しくは日刊工業新聞社の「機械設計」誌の以下の号を参照ください。

2005年10月 P112〜118 連載!!「グローバル競争を勝ち抜く “攻め”の設計改革講座」
..............第四回「フィジビリティースタディー(FS)の徹底で設計改革効果」
2005年9月 P95〜98 連載!!「グローバル競争を勝ち抜く “攻め”の設計改革講座」
......................第三回「フィジビリティースタディーの目的」

2006年2月 P16〜20 総論 製造業の製品開発におけるデザインレビューのありかた


[4] 件名: FSとは何ですか? 投稿者: HIDE 2006年6月19日 (月) 22:52:53

しばらく先生とは交流がなかったためかFS(フィジビリティースタディー)と言う言葉がよく分かりません。
確かに昔設計のマネジャー達に申されていた様な気もしますが、うろ覚えです。
私以外にもこの言葉に意味がよく分からない人が他にもいると思います。
先生の3次元CAD、CAE、コンカレントの書籍は購入して熟読しておりますが、確かこの言葉は出てこなかったと思います。
インターネットで検索しても原子力開発などの話が出てきてよく分かりません。
この言葉を説明した先生の著書などがありますでしょうか?


[2] 件名: 皆さんFS(フィジビリティースタディー)をどのくらい真剣に行っておりますか? 投稿者: 有泉 2006年6月16日 (金) 16:06:44

FS・DR役立つ化に話題提起を一つ
近年究極のフロントローディング設計を目指して、各所で徹底した商品開発の実現性確認、すなわちフィジビリティースタディーを開発着手時点で、1〜3ヶ月程度の時間をかけて、徹底実施してもらっております。その具体的取組内容は、「機械設計」誌、2006年2月 P16〜20 「製造業の製品開発におけるデザインレビューのありかた」で説明しておりますので参照して頂きたいのですが、皆さんはどの程度この段階でどの様な追い込みをされておりますか?

投稿される話題は、この話題提起に関する内容でなくても一向にかまいません。何なりと積極的にご発言下さい。


[1] 件名: 新生掲示板を皆さんの積極的な発言で活性化して下さい。 投稿者: 有泉 2006年6月16日 (金) 16:06:07

一部の皆様からは、永年強いご要望がございました弊社主催の掲示板を、やっと公開出来る運びとなりました。

自前のサーバーを準備する前は、レンタルサーバなどの制約で、十分な発言者管理が出来ない不安と、掲示板管理に私の時間が大幅に取られて本業が疎かになる不安があり、なかなか掲示板開設に踏み切る事が出来ませんでした。

昨年9月に自前のサーバーを社内に設置して、独自HP立ち上げが叶いましたので、これを機会に掲示板開設をと検討を重ねましたが、やはり掲示板管理に費やす必要があるであろう私自身への負担への不安が拭いきれず、なかなか踏ん切りが付かず、今日現在に至っておりました。

一方検討を積み重ねた結果、まず荒らし対策については、発言者の身元管理を徹底することで、防止出来るであろうとの結論に達しました。荒らし行為や、他者の名誉を傷つけたり、風説を流布するような行為は、一般に自分の身元をさらけ出して行える物では無いからです。確実に身元確認が出来た方々だけをユーザー登録して、その方々だけが発言できる仕組みとすれば、この仮説は成り立つという結論です。
当然掲示板上での発言者や発言内容が広く公開されてしまっては、巧くありませんので、発言に際してのハンドルネーム使用は、事前登録ハンドルネームに限り認める仕組みを取ります。該当ハンドルネームが誰の発言かは、常時弊社では把握できていると言う仕組みです。当然特定発言が誰の発言かは、犯罪に該当する発言に対して捜査当局が捜査令状を持って開示を要求しない限り、開示することは致しません。

発言会員のユーザ登録に際しましては、幸い弊社では、RDBを用いた顧客台帳管理を徹底して行っておりますので、まず弊社にこれまで一度でもコンタクトいただいた方については、容易に本人確認が可能です。これまでコンタクトの無かった方々に対しても、少しお手間を取らせますけれど、申告頂いた勤務先などの実在の有無、本人所在の有無などを何度かのEメールのやりとりや、電話確認などで本人確認を確実に行えばすむと理解しております。

後一つの懸念点である、私自身に対して負荷が押し寄せる不安については、掲示板面にバナー広告を募集することで、仮に負担が増えても、本業が疎かになる分の収入減を、広告収入で補う方法でカバーできないかと考えました。ただしこの方策は、スポンサーが付いてくれないことには、絵に描いた餅に過ぎませんので、正直あまりあてにはしておりません。しばらくは、私の睡眠時間や土日の休養時間が減ることを覚悟しております。ですからあまりにも負担増になるようでしたら、掲示板の運営方法などを皆さんに相談させて頂くことになるかもしれませんが宜しくお願い致します。

何れにしろ、本掲示版が皆さんの為になる、喜んで積極的に発言できる、多くの方々が活発に発言して、健全な議論や有意義な情報交換ができる場として成立できなければ、私どもが掲示板を開設する意味もございません。是非皆さんの本掲示版への積極参加と、活性化へのご協力をお願いいたします。